遅漏を治すには努力が必要です。

遅漏を治すには、努力が必要です。
その一つに、普段からオナニーする人はまずは1週間位我慢すると良いですね、そうすることで行きやすくなります。
またオナニーする人は手でする人などは力強く握る人も注意が必要ですし布団や床などに擦りつけてする人も注意が必要です。

 

これは男性器に圧力がかかり強い刺激でないといけなくなりますので女性器の弱い圧力では行きにくくその為に遅漏となっていることも原因なのです。

 

手での刺激や床にこすりつけてのオナニーは刺激が強いために普段からこのようなオナニーは体が強い刺激でしかいけなくなるように慣れてしまうので徐々に改善していくことで女性とのエッチで行けるようになるものですのでしばらくはオナニーを禁止が効果的だといえるでしょう。

 

また普段からの生活も改善することが必要でしょう、お酒を飲む人も飲みすぎることで脳の伝達が混乱してしまい男性器の立ちが弱くなるものなのです。
お酒は飲まないほうがいいですがもし飲むならば少量に抑えておくことですね、少なくともエッチするときには飲まないほうが良いと思われます。

 

最後はやはり精神的なものも絡んできます、早くいかなければならないと思う焦りなどで思うように行かなくてもいいと思うような精神的な余裕も必要です。

 

たとえ射精できなくても良いと思うような精神的な余裕も必要ですので上手くいかない結果でも自分を追い詰めるような事をしてしまうとトラウマになってしまいますので長い目で見ていく必要がありますね。